今も続く熾烈な低燃費競争に火をつけたクルマ!ダイハツミライース

ダイハツミライース

みなさん、ミライースという軽自動車をご存知ですか?
第3のエコカーなんて言われている軽自動車です。
このミライースは、近年の熾烈な軽自動車低燃費競争に火をつけたパイオニア的なクルマなんですよ。

ここでは低燃費がウリのミライースをみなさんに紹介していきます!

リッター30km突破のパイオニア

ミライースは2009年に発表したコンセプトカー『イース』をベースに市販化させたクルマです。
車両構造、トランスミッション、エンジンの改良など既存の技術の徹底的に見直し、40%もの燃費性能を改善した『e:S(イース)テクノロジー』を採用し注目を集めました。
近年、燃費性能の向上の為には「ハイブリッドシステム」を採用されることがメーカーがほとんどですが、どうしても価格が高くなってしまうためイースでは搭載していません。
イーステクノロジーは低燃費を実現するとともに、低価格という軽自動車の本来ある姿を体現できるモノにしています。
最近ではスーパーハイトワゴンなど居住性を重視した軽自動車に一斉を風靡された感がありましたよね。
しかし、ミライースは最新パッケージ技術を駆使して、セダンタイプでも十分ユーザーをを満足させることができると証明してみせた軽自動車なんです。

要所を押さえたシンプルなデザイン

ダイハツミライース
ミライース:背面

デザインはエッジの効いたシャープで存在感のあるデザインになっています。
保守的なダイハツにしては少し攻めてきたなぁと思えるデザインですね。
少しフロントマスクがトヨタちっくなような気もしますが…。
しかし全体的にキリッとしたデザインは今までの軽自動車とは一線を画すような先進性があります。
今の時代では近未来的デザインと言ってもいいんではないでしょうか。

ダイハツミライースインパネ
ミライース:インパネ

インパネデザインも近未来的。
フルデジタル式で先進的な雰囲気を醸し出しています。
なにかアニメに出てくるロボットのコックピットみたいでかっこいいですよね。
燃費のいい運転をすると、イルミネーションがブルーからグリーンへ変わるエコドライブアシスト照明もかっこいいですね。
内装色はブラックとベージュがツートンで引き締まっている感じがします。
新設計のフロントシートによりヒップポイントが下がり圧迫感のない頭上空間を実現。セダンタイプにある圧迫感を軽減してゆとりを持たせています。
室内空間はスーパーハイトワゴンなどに比べれば狭く感じますが、ダイハツのパッケージ技術によりセダンタイプでも十分な広さを確保しています。
昔の軽自動車に比べればシートは柔らかいく雲泥の差ですよ!

最新技術で優れた燃費性能を実現

ミライースのエンジンは49馬力を発揮する自然吸気エンジンです。
シェルボディの骨格などを合理化することによって車体の軽量化を実現し、自然吸気エンジンでも十分な運動性能を誇ります。
さらにイーステクノロジーや新エコアイドルなどにより2WDモデルで「35.2km/L」とハイブリッドカー並みの低燃費を実現し、優秀な数値を叩き出しています。

ミライースにはダイハツの安全技術の結晶「スマートアシストⅢ」が設定されています。
このスマートアシストⅢにより、予防安全性能評価最高ランク「ASV++」を獲得しています。
ヒヤリハットな事故がかなり低減され、運転手も同乗者も安心ですね!
さらに、さまざまな安全装備が詰め込まれていて安全面では最高レベルにあります。
もう軽自動車は危ないなんて言えませんよ!

低燃費、安全性、お値段も低価格でコストパフォーマンスの良さが売りになるミライース。
もしブランドにこだわるなら、トヨタからOEM(他社ブランドの製品を製造すること)でピクシブエポックも販売しているので合わせて検討して見るのもいいかもしれませんね。

燃費と低価格でコスパの良いミライースで楽しい軽自動車ライフを!

中古ミライースならきれいなクルマが見つかるかも!

歴代のミライースも現行モデルと同じく低燃費で低価格の軽自動車でした。
中古車でミライースを狙うのであれば歴代のミライースも視野に入れて選ぶことをオススメします。
ここでは選りすぐりの歴代ミライースの中古車を紹介していますのでぜひチェックしてくださいね!

初代ミライース

初代ミライース
初代ミライース

初代ミライースは2011年に『第3のエコカー」をコンセプトに開発された軽自動車です。
イーステクノロジーにより既存エンジンでハイブリッドカー並みの低燃費を実現しました。
低燃費と低価格を両立させ、発売当時はかなりのインパクトを与えました。
過剰なデザインをあえて避けた親しみやすいデザインは、特に年配の方に受け入れられましたね。

ミライースは最新型も販売されていますが、旧型なら中古車市場でそれなりの数が出回っています。
数が出回っている分、価格も下がっていて安いミライースはなんと20万円以内から購入できます!
使われ方としてはそれほどハードに使われていることは少なく、きれいに乗られていることが多いです。中古車でも心配することなく綺麗なものを探せるでしょう。
しかし、状態の良いモノはそれなりの価格のモノもありますので、新車、中古車をよく比較検討して購入計画を立てるべきかもしれません。
中古車でもじっくり探せばかなりいい状態の掘り出しモノも見つかるはずなので、あえて中古車を狙うのもよいでしょう。

Top