スペースと低燃費を兼ね備えた軽自動車の金字塔!スズキワゴンR

スズキワゴンR

みなさん、ワゴンRという軽自動車をご存知ですか?
街中でも目にする機会が多い比較的メジャーな軽自動車です!
実はこのワゴンRは、新しいアイデアを盛り込んで軽自動車に新しい風を吹き込んだ記念すべき軽自動車なんです。
それでは、スモールカーの指針でもあるワゴンRをみなさんに紹介していきましょう!

輝き続ける人気モデル

ワゴンRは「トールボーイ」という発想により誕生した軽自動車。
それまでの軽自動車に見られがちな、実用本位、かつ経済性ばかりが重視される傾向とは一線を画したクルマです。
軽自動車を開発するときに考えられる最も重要な部分は、軽自動車に乗ることに引け目を感じさせないことじゃないでしょうか。
ワゴンRはこの引け目、すなわち狭い空間で我慢しなければならないという概念を払拭することに成功した軽自動車ともいえます。
誕生以来、スモールカーのジャンルにおけるベンチマーク的なモデルとして君臨。
最新技術をいち早く搭載するなど他社への強い影響力を持ち続けているんです。

洗練度を増したデザイン

スズキワゴンR
ワゴンR:背面

ワゴンRには2つのデザインが存在し、それぞれフロントマスクが異なります。
「HYBRID FZ」はいかついフロントマスクが特徴。
ヘッドライトが細く4つに分かれていて切れ長でするといのが印象的なんですが、トヨタのあのクルマ(ベルファ…)に似させすぎな感が否めませんね。
高級感思考なのはなんとなくわかりますが、ちょっとやっちゃった感がありますね。
軽自動車であの威厳は到底出しにくいモノで、少々辛いものがあります。

それに比べ、「HYBRID FXとFA」のデザインは歴代のワゴンRのデザインコンセプトを踏襲している感じがあります!
縦長のヘッドライトにシンプルな造形のグリルなど、登場以来のデザインコンセプトを守っていると思います。
こっちのモデルが正直ワゴンRらしくて好感が持てるような気が僕はします。

ただ両方とも側面、背面は共通のデザインで、Bピラーの処理がトヨタのやっぱりあのクルマと同じなのが気になります…。
全体のシルエットは短いノーズと背の高いボディというワゴンRとしてのイメージがしっかり感じられます。
2つのデザインは諸刃の剣で、僕の中ではかなり評価が分かれました。

スズキワゴンRインパネ
ワゴンR:インパネ

インパネは水平基調の構成でシンプルで機能的なデザインです。
メーターをセンターメーターにしてあるので開放感がありますね。
内装色も2種類あって、HYBRID FZは黒が基調のシックなテイストで、HYBRID FXとFAはベージュ基調の柔らかなテイストになっています。
室内空間は優れたユーティリティ性能を誇り、後部座席は頭上、足元のスペースとも十分の広さを確保していて、大人でもリラックスして乗ることができます。
さらにはシートアレンジによりさまざまな荷物にも対応。ラゲッジスペースを広げるための折りたためる後部座席は操作性にも優れています。
また位置やサイズにこだわった収納スペースがあり、空間をすっきりと有効につかことができます。
インテリア全体にさまざまな工夫が盛り込まれており、使い勝手は良好ですね!

磨き抜かれた低燃費化の技術

ワゴンRのエンジンは自然吸気エンジンとマイルドハイブリッドシステムを搭載したエンジンの2種類のエンジンの設定があります。
車体の軽量化と相まってどちらのエンジンでも十分な動力性能があります。
購入の際迷わず選ぶべきは、やはりスズキの最新技術でもあるハイブリットエンジンです。
マイルドハイブリッドシステムはモーター機能付発電機により減速時に発電しバッテリーに充電、その電力を活かして燃費の向上に貢献してくれます。
ハイブリッドエンジン技術以外にも「アイドリングストップ」や「エネクール」という燃費向上技術の搭載されており、軽自動車トップレベル「33.4km/L」という燃費性能を達成しています。

ワゴンRでは安全機能として、2つのカメラで人もクルマも認識して自動ブレーキで衝突回避をサポートする「デュアルカメラブレーキサポート」を採用しています。
この「デュアルカメラブレーキサポート」により予防安全性能アセスメントにおいて、予防安全性能評価最高ランク「ASV++」に獲得しています。
さらにはさまざまな安全装備を備え、軽自動車の中でも安全性能のレベルは高いものとなっています。
軽自動車だから危ないなんてもう言えないないレベルですよ。

誰にでも乗りやすい軽自動車のスタンダードモデルのワゴンR。
どんなシュチュエーションでも使える上質な軽自動車としておすすめできますね!


軽自動車の良質スタンダードモデル、ワゴンRで楽しい軽自動車ライフを!

中古ワゴンRでもまだまだいいクルマが見つかります!

歴代ワゴンRはどんなシュチュエーションでも性能を発揮する万能モデルです。
ワゴンRは、古いものは中古車市場でも数が少ないので、今回は2代前まで振り返って紹介します。
中古車での購入を考えているならば、こちらを検討してみてはいかがでしょうか。
ここでは選りすぐりの歴代ワゴンRの中古車を紹介していますのでぜひチェックしてください!

4代目ワゴンR

4代目ワゴンR
4代目ワゴンR

4代目ワゴンRは2008年に誕生しました。 エクステリアデザインには基本的にはキープコンセプトだが、スペースとデザインを両立させたスタイリッシュ
なものに仕上がっています。
新プラットフォームなどにより室内は先代モデルよりさらに広くなり、シートアレンジや豊富な収納などの使い勝手もさらに進化。
そして、低速トルクをアップさせた自然吸気エンジンと、64psを発生する新開発ターボエンジンが搭載されて、快適な運動性能を得ています。
また、この代からワイルドなデザインのスティングレーもラインナップされています。

4代目ワゴンRの
優良中古車両がこの値段から!

5代目ワゴンR

5代目ワゴンR
5代目ワゴンR

5代目ワゴンRは2012年に誕生しました。
「エネチャージ」や「エコクール」などの次世代環境技術「スズキグリーンテクノロジー」の第1弾搭載モデルとして開発されました。
さまざまな低燃費技術により、軽自動車トップレベルの燃費性能を達成しています。
また、エクステリアデザインは、登場以来のデザインコンセプトを守ってきたものとなっており、プラットフォームの一新によりホイールベースを拡大させ、さらに快適空間を実現しています。

どうですか?
どの時代でも低燃費と居住性が売りのワゴンR。
どのモデルも使い勝手がよくユーザーから重宝がられています。


ワゴンRは最新型も販売されていますが、旧型なら中古車市場ではかなりの数が出まわっています。
数が出回っている分、価格も下がっており、安いワゴンRはなんと1万円以内と破格の値段でも購入することができます!
使われ方としては、それほどハードに使われていることはあまりなく、コンディションも良好であることが多いですので、中古車でも心配することなく選べます。
この記事で紹介したワゴンRでしたら、中古車で買ったとしてもまだまだ新しく、故障も少なく安心して乗ることができます。
ただ状態の良いモノは新車とあまり変わらない価格のモノもありますので、良く検討して購入計画を立てましょう。
中古車でもじっくり探せばかなりいい状態の掘り出しモノも見つかるはずなので、あえて歴代のワゴンRを狙うのもよいでしょう。
しっかり見極めていい状態のモノを安く買って、ドレスアップパーツにお金をかけるなんてのもアリですよね。
アルミホイールだけでもグッと引き締まりますよ!


Top