抜群の運動性能を持ち合わせる軽スポーツカーの雄!スズキカプチーノ

スズキ カプチーノ

カプチーノという軽自動車をご存知ですか?
みるからにすばしっこそうで、小さな弾丸って感じの軽自動車です。
チューニングしてあることが多くて、少しうるさい音を出していることもありますね。
このカプチーノ、発売された当初はかなりの人気を博した軽自動車だったんです。
見るからになんだか危ない感じを醸し出していると僕は思っています。
カプチーノは軽自動車ながらスポーツカーとして相当のポテンシャルを持ち合わせているんです。
だからこそ速く走るにもいじくり倒すにも持ってこいというわけなんです!
それではスポーツカーとしての魅力満載のカプチーノをみなさんに紹介していきます!

スズキが贈る「人生のスパイス」

カプチーノは、東京モーターショーで公開すべく「手の届くライトウェイトスポーツカー」をコンセプトに1987年にプロジェクトがスタートしました。
名前の由来は、カプチーノの「小さなカップに入ったちょっとクセのあるお洒落な飲物」をこの小さなオープンカーのイメージに重ねたということ。
1989年に行われた東京モーターショーでコンセプトカーを発表。すぐさま市販化を望む声が多く寄せられ、すぐに市販プロジェクトが発足しました。
こうしてカプチーノは1991年にスズキのフラッグシップモデルとして満を持して発売されたんです。
デビュー当時の人気は凄まじく半年もの間、スポーツカーとしては異例とも言える月販1,300台を維持し続けました。
バブルの華やかな時期に重なったのも功を奏したんですかね、みんなお金があったんでしょう!
同時期にはオートザムからAZ−1や、ホンダからはビートなんかも発売されて、軽自動車の平成ABCトリオなんて言われて一斉を風靡してましたね!

軽自動車でもスポーツカーの王道を行くデザイン

スズキ カプチーノ
カプチーノ:背面

カプチーノのデザインはロングノーズ・ショートデッキという王道スポーツカーの法則に習ったシルエットです。
長いノーズに大きく取られたエアーダクトがかっこいいフロントバンパーは、スポーツカー然としたたくましい顔をしていますよね。
そしてフロントフェンダーにはエアーダクトが設けてあってさらにスポーティー感を与えています。
でもそれに比べてリアのフォルムは丸っこくて、どこかかわいい印象を与えちゃいますよね。
全体を見るとかっこよさをなんとか醸し出しているように思えますが、実際にはかわいい感が拭えないのは軽自動車たるところでしょうか。
それも愛嬌といったところでしょうか。
カプチーノのルーフは特徴的な3分割アルミ製で、取り外せばトランクに収納することができます。
フルオープン、タルガトップ、Tトップの3WAYから選択が可能な豪華な造りです。
まぁ、めんどくさいこともありますし、多きく変わらないので使い分ける人はあんまりいないと思いますけどね。

スズキ カプチーノ インパネ
カプチーノ:インパネ

ドライバーを囲むコックピットは内装色もブラック系でまとめあげられていてタイトでスパルタンな面持ち。
メーター計もスポーツカーらしくタコメーターが中心の3眼タイプになっています。
室内空間はFRレイアウトによるプロペラシャフトの採用や、車体剛性を考慮したサイドシルにより「世界一居住空間の狭い車」と揶揄されるほど狭いです。
軽自動車ってこともありますが、純粋に走るための機能を最優先にした結果なんでしょう。
まさしく走る小さな弾丸って感じが内外装から伝わってきますね!

ハイチューンにも耐えられる素性の良さ

カプチーノが搭載するのは、3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボエンジンで軽自動車の自主規制である64馬力を発揮するエンジン。
前期型はF6A型、後期型はオールアルミ製K6A型のどちらも名機と言われるエンジンを搭載していて、どちらもパワーがあり力強い走りを楽しむことができます。
2つともそれぞれ特徴があり、F6A型は高回転型に対して、K6A型は全体的にフラットなエンジン特性を持っていて、好みは分かれるところです。
ただチューニングベースにするなら、前期型のF6A型の方がエンジンをぶん回す感があり、ピーキーな特性で乗っていておもしろいでしょう。
エンジンの改造範囲も広く、ハードチューンにも耐えられることもあり人気があります。
後期型のK6A型搭載のカプチーノはあまり世の中に出回っていないので希少価値大なクルマになっていますので探すのに苦労するかもしれません。

カプチーノは平成ABCトリオの中で唯一のFRレイアウトで、前輪車軸より後部にエンジンの重心を置くという「フロントミッドシップ」の採用しています。
それによってフロント51対リア49という非常に優れた重量配分を実現しています。
またエンジンを縦置きにすることによって生まれた左右のスペースを活かし、軽自動車では初となる4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンション、ブレーキはフロント、リアともにディスクブレーキを採用しています。
ボディーやルーフの各所にはアルミニウムを使用し軽量化が計られています。
軽自動車としてだけでなくスポーツカーとしても一級品の運動性能を持っています。

このようにハイチューンに対応出来るエンジン、優れた運動性能を併せ持つカプチーノ。
峠道の下りやコーナーが連続するサーキットでは思う存分実力を発揮し、普通車のスポーツカーをも簡単に凌駕する性能を秘めています。
まさに走りの欲求を満たしてくれる軽自動車なんです。

中古カプチーノはしっかりと見極める目が必要です!

カプチーノは軽自動車という枠を超越したポテンシャルを持っていて、マニアにはたまらない存在!
そのため中古車市場でも一目置かれるクルマになっています。
また、スポーツカーということもあり販売台数は比較的少ないので、比較的高値で取引されています。
カプチーノはスポーツカーということもあり、前オーナーもスポーツ走行をしっかり楽しんだことでしょう。
そのため、中古車の見極めはしっかりと行わなければ危険です!
特に小さいボディーは、多少でも歪んでいると、各部開け閉めに支障が出てきます。
ドアがしっかりと閉まること、ギシギシ音がしないなどしっかりチェックしましょう。
ボディーが歪んでいるとルーフがしっかりと閉まらなくなることもあり、雨漏りの要因になることもあります。
ルーフの脱着状況もしっかり確認するようにしましょう。
また生産終了から20年近く経過している古いクルマですので、ボディにはサビが出ているモノが以外と多いのでチェックが必要になります。
走行距離が多いのは年式相応仕方のないことです。
逆に走行距離が少なく、安く売っているモノに関しては大きな事故を起こしている可能性がありますので注意が必要かもしれません。

エンジンチューニングをすることを考えているなら、チューニングをする前に、エンジンのオーバーホールをしてみるとキレのある状態に戻り格段に調子が良くなるでしょう。
もちろん、エンジン関係、吸排気系、足回り、エアロなど、アフターパーツはいまでもたくさん出回っており、容易に手に入れることができるので、思う存分楽しめます。
専門に扱っているプロショップもあるぐらい今でも愛されているクルマなので、心配することなく遊ぶことができますよ!
ただある程度チューニングしたものが売りに出されていることが多いので、まっさらなノーマル車が欲しい場合は、見つけるのには苦労するでしょう。
カプチーノはネオヒストリックカーの部類に入りますが、修理ならどんな自動車整備工場でも対応してくれるのでまだまだ安心して乗ることができます。

中古市場では、20万円台から販売されてますが、全体的にこの年式の割には若干高値になっています。
でもじっくり探せば掘り出し物が必ず見つかりますので頑張って探してみましょう!
このサイトでは全国の選りすぐりのカプチーノを紹介していますのでぜひチェックしてください!

軽自動車スポーツカーの至高!カプチーノで楽しい軽自動車ライフを!

Top