チューニングベース車両としてもってこいの潜在能力!ダイハツエッセ

ダイハツ エッセ

エッセという軽自動車をご存知ですか。
街中でも数多く見ることのできるなんだか可愛いあの軽自動車です。
乗っている人のほとんどは女性が多いのも、エッセの可愛さが支持されているところにあるわけですが…。
でもですね、実を言うとこのエッセ、可愛さとは裏腹になんとも軽快な走りをする車でもあるんです。
キビキビと楽しく走らせられるポテンシャルを持ち合わせた軽自動車なんです!
そんなエッセだからこそ、楽しく走らせ、楽しくイジクる、ベース車にもってこいってわけなんです!
それでは、可愛さと軽快さを併せ持つエッセの魅力をみなさんに紹介していきますよ!

軽自動車の本質をついたクルマ!

エッセは、ダイハツ工業が 2005年〜2011年まで製造・販売していた軽自動車です。
エッセの名前の由来は「essence(本質)」です。
当時ダイハツの中ではエントリーモデルでもある「ミラ」をリッチ路線に上方修正している部分がありました。(なんのためにだったんでしょうかね、ミラなのに…)
そんな「ミラ」ではライバルでもある低価格が売りでもあるスズキの「アルト」への対抗馬としての部分では若干ピントがずれてしまうわけなんですね。
そこでダイハツが開発したのがこのエッセなんです。
エッセは経済性にこだわって徹底的なコストダウンが図られ、ベースグレードの価格が本体価格で65万円という破格の低価格が設定されました。
この低価格こそが軽自動車の「本質」、essence(エッセンス)なんでというわけなんです。
さらにEco(エコ)、Simple(シンプル)&Smart(スマート)、Easy(イージー)の頭文字をとっているとも言われています。
コンセプトでは「肩肘張らず、シンプルに、自分らしく生きる人たち」をターゲットにしているらしいです。
シンプルにって言うのはなんだか汲めますけど、ちょっと大きく見積もった感じもしますね。
まぁ、開発の思想はこれぐらい大きくないといけないんでしょう、作る方もやる気が出ませんよね!

「シンプル&スマート」がデザインテーマ

ダイハツ エッセ
エッセ:背面

エッセのデザインって、なんだか見たことあるなぁって思ったりしたことありませんか?車が好きな人ならピン!とくるんじゃないでしょうか。そう、なんだか「ルノー5」や「ミニ」に似ていますよね?
スモールカーの王道でもあるこれらの車へのオマージュでもあるかと思えるデザインは、シンプルで親しみやすいものであり決して悪くはないですね。
スモールカーデザインの基本とも言えるどこから見ても台形に見えるカタチ、傾斜の強いAピラーとリアゲートが特徴でドッシリとした安定感を演出されてます。
全体的に水平基調できれいに整えられたサイドのキャラクターラインなどは安心感を与えてくれます。
安定感、安心感に加え、厚みのあるバンパー、グリルレスのフロントマスク、全体的に角を丸めたデザインでやさしさと可愛さもマルです。
規格いっぱいにデザインされた最近のゴツいデザインの軽自動車にはない、とても個性的なデザインになってます。
まさにデザインセンスが光る1台なんです!

ダイハツ エッセ インパネ
エッセ:インパネ

エッセのインテリアデザインどうでしょうか?
ドア上端部やピラー類の鉄板がむき出しで徹底したコストダウンがみられます。この辺は、安っぽさがでてしまいますが致し方ないです。
インパネ類もチープですかね。メーター計はスピードメーターの1眼タイプで実にシンプルです。(カスタムはタコメーター付きの2眼タイプになります)
やさしい印象かチープなのかちょっと評価が分かれるところでもある部分でもありますね。でもある意味、開放感があり視認性もよいとも言えます。
室内空間はお世辞にも広いとは言えません。スペース的に手狭に感じてしまうでしょう。後部座席なんか公園のベンチに少しばかりのクッションをつけたぐらいと思っていても良いかもしれません。後部座席に人を乗せて長時間走るのはあまり向きませんね。その辺は割り切りが必要です。
2人乗れて、荷物が置ける軽自動車と考えるのが良いでしょう!

なかなかの優れたパッケージングを持っているんです!

エッセは当時の新開発エンジンでもあるツインカムDVVT3気筒12バルブTOPAZ NEO、KF−VE型エンジンを搭載しています。
このKF−VE型エンジンがなかなかの優れものなんです!
KF−VE型エンジンは当時のダイハツの最新技術を集結して誕生しました。
自然吸気エンジンで58馬力、6.6kg/mのトルクを発揮、燃費性能でも当時としては高いレベルの「22.0km/L」という優れた数値を誇ります。
最高水準のKF−VE型エンジンは当時の軽自動車の中ではかなり良い数値です。
パワフルかつトルクフル、力強いだけでなく静粛性にも優れており、ダイハツのさまざまなモデルに使用されていた万能エンジンなんです。

さらにエッセの優れたところは何と言っても軽さです!
最近の軽自動車のほとんどの重量が800kg以上なのに対して、エッセはなんと700kg台!
車重が軽いということはそれだけで素性の良さを持ち合わせていることになるんです。
運動性能も上がるし、車にとっては利点だらけ!

KF−VE型エンジンと車重の軽さでグイグイと車体を引っ張る加速感は、案外ほかの軽自動車では味わえないモノ。
ブン回るエンジン、ヒラリヒラリと曲がる軽いボディ、見た目では計り知れないスポーティーテイストを持ち合わせているんですね。
このように優れたパッケージングを持つエッセ。
ノーマルだと乗り味全体のふにゃふにゃ感はありますが、その辺のチューニングパーツは案外豊富なんです。
足回りなどしっかりしたモノにかえればさらに俊敏さが増しますよ。
さらには吸気系、排気系をチューニングすればさらに吹け上がりの良いエンジンになること間違いなし!
そうなれば峠道の下りなんかで楽しいこと請け合いです!

よい素性、パーツの豊富さのエッセは走りを楽しむベース車として今でも人気者なんです!

★マニュアル車なら楽しさ倍増です!
エッセが販売されていたこの時代では、まだまだマニュアルミッションの設定がされているモデルが多いんです。(良い時代だった…)
エッセも例外なくマニュアルミッションの設定が存在します。
このマニュアルミッションを選べばスポーツドライビングをするにはさらにもってこい、この辺も考慮したらさらに楽しめますよ!

中古エッセは上質なクルマが見つかりやすいです!

エッセは基本可愛さが売りとなっているモデルです。
そのためエッセの多くが女性オーナーですので、キレイに乗られたものが多いです。
あまり状態を心配をすることなく探すことができるでしょう。
まだまだヒストリックカーと呼ぶには新しい部類にはいるエッセなので、故障も少なく修理もどんな自動車整備工場でも対応してくれるので安心して乗ることができます。

中古車の市場では10万円程度からに出回ってますので、格安で購入することができます。
ただマニュアルミッション車の数が少ないので探すのに少々苦労するかもしれません。(前オーナーが営業車で使っていたら結構掘り出し物!)

そこでこのサイトではエッセのマニュアルミッション車を選りすぐってみました!
じっくり探せば掘り出し物は必ずあります!とびっきりのエッセを見つけてみてください!

エッセで楽しい軽自動車ライフを!

Top