「S」の称号を与えられたホンダイズム炸裂の1台!ホンダS660

ホンダ s660

S660という軽自動車をご存知ですか?
20年ぶりにホンダが復活させたミッドシップレイアウト2シーターオープンスポーツカーです!
なんだかぺったんこでみるからに速そうなアイツです。
このS660は、ホンダのスポーツモデルを象徴する「S」の称号が与えられた軽自動車です。
そのことからもわかるようにかなりのポテンシャルを備えた軽自動車なんですよ!

峠なんかはもちろんサーキット走行だって余裕でこなしてしまうんです!
速く楽しく走るためには持ってこいのクルマです!
ここではホンダイズム炸裂のS660の魅力をみなさんに紹介していきます!

20年ぶりに復活!ホンダが世に問う軽オープンスポーツ

S660は20年ぶりに復活した軽自動車でミッドシップレイアウト2シーターオープンスポーツカーという世界でも唯一無二のパッケージです。
ホンダのスポーツモデルを象徴する「S」の称号が与えられたことは、ホンダの本気度の表れなのでしょう。
自動車ファンのみならず、初心者ユーザーをも魅了する力がある意欲作で、走りの楽しさを誰にでも味わえるスポーツカーになってます。
ホンダには名車「ビート」の存在がありますが、S660のほうがよりスポーティーで、さらに割り切っているモデルでもあります。

低く押さえ込まれたデザインはまるで弾丸のよう!

ホンダ s660
S660:背面

S660のデザインは、ロー&ワイドなフォルムはまるで弾丸のようです!
低く構えた鋭いフロントマスク、サイドは深く刻まれた勢いのある稜線とシャープ差を強調したライン、大きく張り出したリアフェンダーはかなりの迫力!
さらにコックピット後方から伸びるロールバー、エンジンフードの立体造形、センターマフラーとスポーツカーの演出はバッチリです。
ソフトトップはタルガ式で、ロックを外してボディから外すことができ、ボンネット内に収納できます。
布でできたソフトトップの脱着にはそれなりの手間がかかりますが、電動で開閉するタイプが多いなか、実に趣があります。
トランクはほぼないに等しいです。
でもそれで良しとしてしまうのがS660の持つ魅力かもしれません。
全てにおいて妥協のないフォルムは、まさしく本物のスポーツカーであり自動車ファンならずとも一目置かれる存在です。

ホンダ s660 インパネ
S660:インパネ

S660のインパネデザインは、ドライバーを囲むコックピットは緩やかな曲線で構成されていますが、とてもスパルタンな趣です。
しかし助手席の前側にはステッチの入ったソフトパッドが装着されていて、一味違った上質な質感を醸し出しています。
メーター計はエンジン回転がアナログ一眼タイプで、速度計は液晶デジタル計であり見やすいです。
内装色はブラック系、アクセルペダル等のペダルプレートはステンレス製でハードな装い。
極めて低い着座位置にホールド性の高いシートは絶妙でポジションを与えてくれ、クルマとドライバーの一体感を生み出してくれます。
スポーツカーならではの気分を盛り上げてくれるデザインは、実に窮屈で、全てにおいて一切の妥協がありません!
まさにコックピット!
リアウインドウの中央部は電動操作により開閉可能で、ルーフを閉じた状態でもエンジンサウンドを楽しむことができる設計になっています。
室内空間は2シーターですのですごく狭いです。
最小限の収納スペースは用意されていますが、トランクはなく車体前部に少量の荷室スペースがあるのみです。
持ち物は最小限に抑えたほうが無難でしょう!

意のままに操れる運動性能!

ホンダの軽自動車全般に使われているDOHCターボエンジンは、軽自動車自主規制上限の64馬力を発揮。
そのエンジンにS660専用チューニングを施し、低・中速域での力強いトルクと吹け上がりの良いレスポンスでスポーツ性能に磨きをかけた仕様になっています。
燃費性能は運転の仕方にもよりますが、ミッション車で「21.4km/L」、CVT車で「24.2km/L」ぐらいです。
近年の軽自動車と比較すると、見劣りしてしまう感がありますが、スポーツカーなのでしょうがないですよね。

S660は低重心かつ理想的な重量配分とホンダ独自の「アジャイルハンドリングアシスト」により軽快かつキビキビとしたハンドリングを実現。
それもあり、運動性能はミッドシップの本格スポーツカーならではのすぐれたモノです。
ステアリング操作に対して応答の遅れがなく、俊敏に向きを変えてくれるハンドリングは実に気持ちいいですね。
これはホンダと横浜ゴムの共同開発によって生まれた専用タイヤも一役かってるでしょう。

トランスミッションはマニュアルモード付きのCVTと、軽自動車では初となる6速マニュアルミッションが用意されています。
マニュアルトランスミッションは6速にすることによって、軽自動車の小排気量エンジンをフルに生かせて走ることができます。
コクコクと気持ちよく決まるシフトフィールは無意味にシフトチェンジしたくなってしまうほどの感触です!
シフトレバーを触る喜びを与えてくれますね。

S660は、車体がエンジンの性能を上まらない、というライトウェイトスポーツカーのコンセプトを元に仕上げられています。
スピードの絶対域では軽自動車なので格上スポーツカーには敵いませんが、ドライビングの楽しみは決して負けていません。

トランスミッションは7スピードモードのCVTパドルシフトもありますが、やっぱりマニュアル車を選ぶのがベストでしょう!
フェラーリが横に並んだって堂々としていられるステータスがあり、所有していることの喜び味わえる希少な軽自動車です。
たまたま軽自動車だったのか、それとも軽自動車だからこそここまでできたのか。
とにかく最高の軽オープンスポーツカーで、有無を言わさず「欲しい!」といってしまうような存在なんです!

ノーマルでも十分速いS660ですが、チューニングをすればさらに速く楽しい走りを体感できます!
チューニングパーツは意外と豊富にそろっていて楽しみ方は無限です!
新しいクルマなのでチューニングパーツはこれからもたくさん開発、販売されていくことでしょう。
新車として購入できるベース車両としては最高の軽自動車ではないでしょうか。

走る楽しみを存分に味わえるS660で楽しい軽自動車ライフを!

中古車ならネオ・ヒストリックカーのビートを狙うという選択!

ホンダ ビート
ビート

S660は、新車であるがゆえに中古車市場ではまだまだ数が少なくそれなりに高価です。
もし中古車でもS660を買えないというならば「ビート」なんて選択もアリなんではないでしょうか!

S660はビートの後継車、再来なんていわれてるぐらいインスパイアされているんです。
ビートもS660と同じぐらい軽自動車という枠を超越したポテンシャルを持っていたんですよ!
ビートに乗ってると、どこを走っていても振り向かれる存在になれますね。

ビートはバブル絶頂のなか販売されたミッドシップオープン2シーターの軽自動車です。
NSXと発売時期が近かったことから「ミニNSX」とも謳われてました。
フロントデザインはフェンダー上部まで覆うボンネットにより、オープニングラインを隠してすっきりとした印象です。
サイドからリアフェンダーに伸びるインテークもシンプルな面構成で整えられ、全体として綺麗に整えられたデザインとなっています。

インテリアはスポーツカーにありがちなタイトなコックピットには特化せず、開放的な仕上がりです。
ゼブラ柄という特異なシートデザインや、バイクのようなメーター類など、遊び心がいたるところに感じられます。
搭載されるエンジンは3気筒SOHCエンジンに、F1技術の応用で生まれたMTREC(エムトレック)を採用して、鋭いレスポンスが楽しめます。
平成ABCトリオの中でライバル車であるAZ-1、カプチーノがターボで業界自主規制の64馬力を達成していたのに対し、ビートは自然吸気エンジンで64馬力を発揮していました。
当時のホンダの技術をすべて詰め込んで作った軽自動車ですからすごくないはずがありませんね!
専門に扱っているプロショップもあるぐらい今でも愛されていますので、チューニングして遊ぶなんてこともいいですね。

ビートは現存する数が少なくなりつつあり、今ではプレミアが付いています。
生産終了からかなり経過しているクルマなので、ボディにはサビが出ていたり塗装の劣化が出ているモノも多いですので、しっかりチェックしたいところです。
走行距離が多いのは年式相応仕方のないことですね。
ビートが速く走れるクルマなので結構荒い運転がされていた可能性もあります。
ドアの開け閉めなどがスムーズかなどボディーの歪みがないかしっかりとした見極めが大切です。
ビートはネオヒストリックカーの部類に入りますが、修理はどんな自動車整備工場でも対応してくれるので、まだまだ安心して乗ることができますよ。

中古市場では、ビートはある程度プレミアがついていますが、お得に購入することが可能です。
じっくり探せば掘り出し物が必ず見つかりますので、S660ではなくあえてビートを狙うのもかっこいいでしょう。

このサイトでは選りすぐりのビートの中古車を紹介していますのでぜひチェックにしてくださいね!

Top